Shellman ロゴ
お問い合せ プライバシーポリシー サイトマップ メルマガ登録・解除 カート確認
TOP メンズ アンティークウォッチ レディース アンティークウォッチ アンティークジュエリー シェルマン オリジナルウォッチ セレクテッド モダンウォッチ 時計関連商品 オンラインショップ
     
メインイメージ 時計との時間をもっと深く。時計への愛着を深めるツールとその使い方。
このページでは、オンラインショップで取り扱っている工具やブレスキットの使い方を説明しています。
使い方を覚えると意外と簡単に革ベルトが交換できたりと、時計を身に付ける楽しさが広がります。
写真を見ながら革ベルトの取り付けやメタルブレスの交換などに挑戦してみてください。
■皮ベルトを交換する。 1.時計の足に穴があるタイプ 2.時計の足に穴がないタイプ 3.バックルの付け替え 時計の足(ラグ)の状態やバネ棒の状態によっては取り外せない場合があります。またここで紹介した以外に様々な方法で固定されているものがありますので、外れにくい場合はShellmanまたはお近くの時計店にご相談ください。また古かったり痛んでいるバネ棒はずしを使うと、時計に傷がつくことがあります。作業の前の確認してください。
バネ棒はずし、ルーペ、ピン抜き工具
  時計のベルトを留めているバネ棒の取り外しや取り付けに使う工具です。   細かい部分の確認に使うと便利です。   メタルブレスのコマはずしに使う工具です。 グランドコンプリケーション用ブレスレットに付属しています。  
■メタルブレスをはずす。  
 
 
皮ベルトの交換 1.時計の足に穴があるタイプ
皮ベルトの交換1?1(写真) 皮ベルトの交換1?2(写真) 皮ベルトの交換1?3(写真) 皮ベルトの交換1?4(写真)
                   
1. 矢印の場所に穴が開いているか確認します。ルーペなどを使ってあらかじめ汚れや傷などを確認しておきましょう。     2. 穴の中に工具の先端を入れます。小さな穴ですので、先端を入れるとき穴のまわりに傷がつかないように注意しましょう。     3. 時計を固定し、工具で穴の中にあるバネ棒を押し下げます。バネ棒が縮み、革ベルトをとり外せる長さになります。     4. 指で革ベルトを軽く手前に押し、縮んだバネ棒の先端を穴からはずします。
                           
 
皮ベルトの交換1?5(写真) 皮ベルトの交換1?6(写真) 皮ベルトの交換1?7(写真) 皮ベルトの交換1?8(写真)
                         
5. 新しい革ベルトにバネ棒を入れます。新しいベルトはバネ棒が入りにくいことがあるので、工具の先端で穴の形を整えてからバネ棒を入れると入れやすくなります。     6.. 時計のラグの片面の穴に、バネ棒の片側を入れます。     7. バネ棒の反対側を工具を使って入れ込みます。バネ棒の先ついている段差を工具の先端(二股になっている方)を使って引っ掛け、縮ませ時計のラグに入れます。    

8.

 

取り付けた後は必ず正常に取り付けられているか革ベルトを引っ張るなどして確認を行ってください。
                           
PAGE TOP
皮ベルトの交換 2.時計の足に穴がないタイプ
皮ベルトの交換2?1(写真)   皮ベルトの交換2?2(写真)   皮ベルトの交換2?3(写真)   皮ベルトの交換2?4(写真)
                         
1. 矢印の場所に穴が開いていないタイプのラグです。     2. 革ベルトを少し縮めてバネ棒をチェックします。ルーペなどを使ってバネ棒に工具の先端を引っ掛ける段差があることを確認します。     3. 時計を固定し、工具でバネ棒の引っ掛けの部分を押し下げます。バネ棒が縮み、革ベルを取り外せる長さになります。指で革ベルトを軽く手前に押し、縮んだバネ棒の先端を穴からはずします。     4. 時計に傷かつかないようにゆっくり革ベルトをはずします。このとき伸縮性の強いバネ棒は飛んでいってしまうので、注意して作業してください。
                           
 
皮ベルトの交換2?5(写真)   皮ベルトの交換2?6(写真)   皮ベルトの交換2?7(写真)
                   
5. 新しい革ベルトにバネ棒を入れます。新しいベルトはバネ棒が入りにくいことがあるので、工具の先端で穴の形を整えてからバネ棒を入れると入れやすくなります。     6.. 時計のラグの片面の穴に、バネ棒の片側を入れ反対側の引っ掛ける段差を工具の先端(二股になっている方)を使って引っ掛
け、縮ませ時計のラグに入れます。
    7. 取り付けた後は必ず正常に取り付けられているか革ベルトを引っ張るなどして確認を行ってください。  
                     
PAGE TOP
皮ベルトの交換 3.バックルの付け替え
皮ベルトの交換3?1(写真) 皮ベルトの交換3?2(写真) 皮ベルトの交換3?3(写真) 皮ベルトの交換3?4(写真)
                         
. 今回は3つのパーツ(左からバネ棒、つく棒、本体)で構成されているバックルをはずします。     1. 革ベルトを固定し工具の先端(棒状)をバックル側面の穴に押し込みます。小さな穴ですので、先端を入れるとき穴のまわりに傷がつかないように注意しましょう。     2. バネ棒が縮み、革ベルトを取り外せる長さになります。縮んだバネ棒の先端を穴からはずします。バックルに傷かつかないようにゆっくり作業を行います。     3. コの字型のバックル本体がはず
れたら、革ベルトから工具の先
端を使ってバネ棒を押し出しま
す。このとき一緒につく棒がは
ずれます。
                           
 
皮ベルトの交換3?5(写真) 皮ベルトの交換3?6(写真) 皮ベルトの交換3?7(写真) 皮ベルトの交換3?8(写真)
                         
4. 新しい革ベルトにつく棒をセットし、バネ棒を入れます。つく棒は曲がった先端が下向きになるように取り付けましょう。     5.. バックルの片面の穴にバネ棒の片側を入れ、反対側の先端部分を工具の先端(二股になっている方)を使って引っ掛けます。     6. その状態でバネ棒を押し下げて縮ませ時計のラグの間に入れ込みます。多くの場合、ラグの穴にバネ棒が入るとカチッと音がしてバネが伸びますので目安にしてください。    

7.

 

取り付けた後は必ず正常に取り付けられているかバックルを引っ張るなどして確認を行ってください。
                           
PAGE TOP
メタルブレスをはずす
メタルブレスをはずす4?1(写真) メタルブレスをはずす4?2(写真) メタルブレスをはずす4?3(写真) メタルブレスをはずす4?4(写真)
                         
. 今回は3つのパーツ(バネ棒、弓カン、ブレス本体)で構成されているメタルブレスをはずします。     1. 時計の足(ラグ)穴の中に工具の先端を入れます。小さな穴ですので、先端を入れるとき穴のまわりに傷がつかないように注意しましょう。     2. 時計を固定し、工具で穴の中にあるバネ棒を押し下げ、バネ棒を縮ませます。指で弓カンを軽く押し、縮んだバネ棒の先端を穴からずらします。この後バネ棒が戻らぬよう、指は添えたまま反対側の作業に移りましょう。     3. 反対側の(写真ではリュウズがある側)も同様にバネ棒を縮ませ、弓カンを押して縮んだバネ棒の先端を穴からはずします。弓カンが時計の足に対して隙間がある場合はこの作業を省いても取り外せます。
                           
 
メタルブレスをはずす(写真)
   
4. 両側からバネ棒を縮ませた状態で時計に傷がつかないようにゆっくりメタルブレスをずします。このとき伸縮性の強いバネ棒は飛んでいってしまうので、注意して作業してください。  
     
PAGE TOP
メタルブレスの長さを変える
メタルブレスの長さを変える5?1(写真) メタルブレスの長さを変える5?2(写真) メタルブレスの長さを変える5?3(写真) メタルブレスの長さを変える5?4(写真)
                         
. 今回は2つのパーツ(左からピン、ブレスコマ)でつながっているメタルブレスをはずします。時計が付いた状態でも作業できますが、作業中、時計に傷つけないよう注意しましょう。    

1.

メタルブレスの裏側にある矢印の刻印が上向き↑になるようにします。矢印の刻印ない部分は取り外すことができません。コマに汚れが付着している場合は作業しやすいように取り除きましょう。     2. ピン抜き台のピンにはずすコマ
の下の穴の位置をあわせ、ブレスをしっかり握った状態で上から垂直に押し付けます。ピンは使用時にゆるくなって抜けないよう硬く組み込まれているので、しっかり押し付けます。
    3. 反対側の穴からピンが出てきますので、ピン抜き台の根元までメタルブレスを押し付けます。押し付け方が浅い場合は指で引き抜けない場合があります。
                           
 
メタルブレスの長さを変える5?5(写真) メタルブレスの長さを変える5?6(写真) メタルブレスの長さを変える5?7(写真) メタルブレスの長さを変える5?8(写真)
                         
4. 出てきたピンを抜くとコマの片側が外れます。このように連結部分をはずして、希望のサイズになるようにコマをはずしていきます。     5. コマをたす場合は、コマの穴にピンの上下を確認し、細いほうから先に入れます。このとき矢印の刻印と反対方向にピンを入れます。     6. 固いもの(写真では工具の側面を使用)の上で、ピンを完全に押し込みます。     7. 完全に入らない場合は突起した部分だけをピン抜き工具のピンで押してなかに入れ込みます。
                           
PAGE TOP
 
copyright (c) 2005 Shellman All right reserved.