Shellman ロゴ
お問い合せ プライバシーポリシー サイトマップ メルマガ登録・解除 カート確認
TOP メンズ アンティークウォッチ レディース アンティークウォッチ アンティークジュエリー シェルマン オリジナルウォッチ セレクテッド モダンウォッチ 時計関連商品 オンラインショップ
アンティークウォッチの魅力と価値   アンティークウォッチとは
メンズ アンティークウォッチ(写真)      一般的には100年以上を経過した物をアンティークといいます。しかし、こと時計に関しては、アンティークの線引きが少々違うようです。

現代の時計の機構、構造は16世紀の時計師ブレゲの時代に確立されています。その時代の時計に、現在、行方不明となっていますがマリー・アントワネットがブレゲに発注した超複雑懐中時計があります。彼女はその時計の完成を見ることなく断頭台刑となった話はあまりに有名な逸話となっています。

時代は置時計から懐中時計、腕時計へとサイズダウンと高精度化が進み1940?1950年代腕時計の黄金期を迎えることとなります。現在のように誰もが持つ道具と違い使い捨てするものではありませんでした。その作りの良さから何世代にも継承できるものとなっており、このような性格の道具、いや、作品の製作費は、現在の比較にならない非常に高価なものでした。

1969年、クオーツ時計の出現により、機械式時計の製造は大打撃を受け一時衰退しました。しかし1970年後半より、吸収合併を繰り返しながら、分業化へ、大量生産化することで製作費を押さえ、新機種を多数発表しながら、現在では復興したと言えるでしょう。機械式時計の物作りを検証すると、クオーツ時計の出現の前と後では大きな相違があるのは事実です。このような観点からアンティークと呼べる時計は、1970年代クオーツ時計ができる前の物であると言えます。
 
     
アンティークウォッチの魅力    
   時を知るための特別な道具として作られた時代の時計には、今にない丁寧な作りを心臓部のムーブメントや文字盤やケース、針など外装装飾にも見ることができます。

現在ではあたりまえとなっていますハイビートムーブメント。柱時計の振り子にあたるテンプの振動数を上げる事により、時計の正確さは高くなりますが、反面、機械へのストレスは多くなり時計の寿命を短くします。このことは昔から知られ、アンティーク時計にはほぼ見ることはできません。アンティークのムーブメントは、ストレスの少ないロービートムーブメントが主流を占め、手間のかかる精度を高いパーツ加工、仕上げをすることで時計自体の精度を高くしています。現在とは全く相対する作りの概念が見られます。

外装に関しても現在のプリントの文字盤仕上げとは違い、シルバーメッキや塗りこみ色分けが行われ、針も現在の物と比べるとより立体的で手間のかかる仕上げが施されています。このようなパーツにより組み立てられた時計は、深みのある圧倒的な存在感を醸し出すこととなります。

現在復刻されている時計とそのオリジナルを比べられるような機会があれば、その違いに驚きを感じるのことでしょう。
      メンズ アンティークウォッチ(写真)  


   
アンティークウォッチの価値   アンティークウォッチの信頼性
   古い、人が使った時計が、なぜ、高価な値段がつくのか? 以前は懐中時計がコレクションアイティムとして、その地位を確立をしていましたが、1980年代、海外の有名オークションハウスが大々的に機械式腕時計を扱い始め、工芸品として総合的にその価値が再認識されることとなりました。

当初は個々のコンディションにかかわらず、その価値がつけられていましたが、市場が熟成するにつれ、明確な違いを見せ始めています。たとえ同じモデルであってもコンディション、素材、ディテール等によって、価格は大きな差を生じます。それは市場の需要と供給のバランスの上に成り立ち、流行によって乱高下するもの、不変的に人気を得るものと様々な時計が存在します。その当時一流メーカーのシンプルな時計が家を買うのと引き換えだったと言う話があります。それを思うと最高の仕上げをした時計が当時より入手しやすい価格にあるといえるかもしれません。

近年は、投機目的の対象として扱われている部分もあリますが、人生の友として長く付き合えるお気に入りの時計との出会いができれば、最も幸せのことといえるでしょう。

       古いものだから壊れやすい!正確さがない!アンティークウォッチにつきまとう一般的な考え方かもしれません。確かに古いものである以上、歴代の時計の持ち主の使い方、メンテナンスを施した時計師の技量により、時計のコンディションは個々違いを見せます。ぞんざいに扱われれた時計であれば時計としての寿命を果たしているかもしれません。けれど大切に扱われたものであれば、当時と変わらぬ正確さで動いてくれるもです。

時計は機械である以上、新しいものでも、古いものでも形あるものは壊れるものです。アンティークウォッチへの不信感。それは、その時計の情報を正しく伝えることができたか、どれだけアフターケアーに努められるか、販売する側に責任はあると思われます。

アンティークウォッチを取り扱う者として感じることですが、時計製作の黄金期、金属素材から吟味され完成した時計は、非常にタフといえます。完全に調整され、現在でも調子よく動くアンティークウォッチであれば、新品の時計より長持ちすると確信しています。
 


copyright (c) 2005 Shellman All right reserved.