Shellman ロゴ
お問い合せ プライバシーポリシー サイトマップ メルマガ登録・解除 カート確認
TOP 独立時計師協会“アカデミー” フィリップ・デュフォー ジャン・ダニエル・ニコラ スヴェン・アンデルセン ベアト・ハルディマン シンクレア・ハーディング
Beat Haldimann ベアト・ハルディマン >>>
 
ハルディマン フライング・センタートゥールビヨン H1
           
 
トゥールビヨン(写真)   フライング・トゥールビヨン(写真)   トリプル・バレル(写真)
         
 このたび発表する『ハルディマンフライング・センタートゥールビヨンH1』は、2003年ハルディマンによって、これまでにない革新的なアイデアと技術によって生み出されたトゥールビヨンです。そもそも時計は地球の重力によって遅れ進みが生じますが、その補正機能として考え出されたのがトゥールビヨンです。17世紀の偉大な時計師ブレゲによってこの技術は考案されましたが、このトゥールビヨンは現在に至るまで大き形を変えず受け継がれてきました。    この時計はダイヤル・センターに、直径16.5mmという大型のフライング・トゥールビヨン・ケージを配置するという斬新なレイアウトを採用しております。

このトゥールビヨン・ケージの配置は独自の形状と機能を持った2番車と9枚重ねの極薄リング状ホイール、さらに2パーツ式のアンクルを使用することによっ て設置スペースを確保し、この斬新なレイアウトを実現可能なものとしました。
   また、トリプル・バレルの採用もセンター配置に大きな役割を果たしております。3つの香箱のうち2つを7時位置と11時位置に置き、それらがボールベアリングで固定されたトゥールビヨン・ケージを両脇から支えるという構造を採ることで、フライング・タイプでありながらも、動きを安定させることができるようになりました。9時位置に置いた第3の香箱は時針と分針を動かす役目をしており、さらにこの香箱は7時位置の香箱と連動しており3つの香箱が一体となってスムーズに駆動することになります。
 
■MOVEMENT
  ベアト・ハルディマン設計製作による
オリジナルフライング・センタートゥールビヨンキャリバー
Cal.ZEN-A

ムーブメント直径:31.58mm(14ライン) 
ダイアル面からの厚み:3.7mm
トゥールビヨンを含むムーブメント総厚:7.4mm

トリプルバレル方式

パワーリザーブ 38時間

1ミニッツトゥールビヨン、

特製7石ルビーボールベアリングによる
ワンサイドセッティング(フライング)

レバーエスケープメント

Glucydurスクリューバランス調整付きバランスホイール
(直径14.14mm)

Nivarox 1ブレゲオーバーコイルバランススプリング

ショックプルーフ
4アジャストスクリューによる調速
振動数 18000/時間
32石
ハンドはスティールor18金によるハンドメイド
 
■CASE
  18金ピンクゴールド,ホワイトゴールドor
プラチナ950
ソリッドハンドメイドケース
直径38.0mm
厚さ10.8mm

表面ドーム型サファイアグラス
裏面フラットサファイアグラスによるシースルーバック
ハンドエングレービングによりシリアルナンバー入り
 
■MATERIAL
  18イエローゴールド
 
  受注生産
18金ピンクゴールド or ホワイトゴールド
¥16,800,000
プラチナ950
¥18,900,000
         
  The Central tourbillon H1 "Flying"(写真)   The Central tourbillon H1 "Flying"(写真)  
         
  The Central tourbillon H1 "Flying"(写真)   The Central tourbillon H1 "Flying"(写真)  
PAGE TOP
 
copyright (c) 2005 Shellman All right reserved.